プログラムインフォメーション|三芳町文化会館(コピスみよし)

コピスとはCoppice(雑木林)の意味です。

HOME三芳町文化会館(コピスみよし)プログラムインフォメーション > 第14回竹間沢車人形公演

プログラムインフォメーション

公演終了

三芳町伝統芸能
第14回竹間沢車人形公演

公演概要

日時
2015年12月20日(日) 開場13:00 開演13:30
会場
コピスみよし(三芳町文化会館)ホール
料金
全席自由
一般:1,000円
小中学生:300円
※未就学児入場不可
発売日
平成27年11月3日(火・祝)10:00〜
出演
【人形】 竹間沢車人形保存会
【説経節】 三代目若松若太夫
【人形・朗読】 応募参加者
お問合せ・電話予約
コピスみよし(三芳町文化会館)
TEL:049-259-3211 (窓口受付時間9:00〜21:30 休館日:月曜日)
プレイガイド
コピスみよし(三芳町文化会館) 049-259-3211
チケットショップファミリー(ダイエー三芳店内)049-259-9587
三芳町歴史民俗資料館 049-258-6655
会場へのアクセス
・電車/東武東上線「鶴瀬」または「みずほ台」駅より(池袋から約30分)
・バスまたはタクシー/約15分
・徒歩/約45分
・お車/関越自動車道「所沢I.C」より約15分
注意事項
※未就学児は入場不可とさせていただきます。ご了承ください。
※障がい者割引、団体割引(10名様以上)、車いす席、難聴システムのご用意がございます。
 詳細はお問合せください。
※やむを得ない事情により演奏曲目などが変更されることがあります。
※公演中止の場合を除き、チケット代金の払い戻しはいたしませんので、ご了承ください。
※ご予約後のキャンセルは承れません。
主催
コピスみよし(三芳町文化会館)、三芳町教育委員会
協力
竹間沢車人形保存会
後援
三芳町
企画制作
トールツリー(株式会社ケイミックス)

出演者プロフィール

竹間沢車人形保存会(車人形)

竹間沢車人形は、当時竹間沢村の神楽師前田左近が幕末の文久年間から明治初年にかけて、自ら車人形の頭や道具を作り、それまでの小さな人形を使った人形芝居から車人形に切り替え、吉田三芳の芸名で、「吉田三芳一座」として、盛んに興行をおこなった人形芝居です。その後、息子の民部に受け継がれましたが大正時代になり浪曲、映画、ラジオなどに押されて衰退し、大正十年頃に興行が途絶えてしまいました。その後、県の調査で前田家の納戸から車人形が発見されたのがきっかけで、昭和四十七年に五十年ぶりに復活公演が実現しました。それから四十数年、保存会は竹間沢車人形を守り継いでいます。

三代目若松若太夫(説経節)

昭和三十九年埼玉県所沢市に生まれる。國學院大学在学中の平成元年に二代目若松若太夫に入門。平成二年に若松峯太夫、平成七年に若松小若太夫、平成十年に三代目若松若太夫をそれぞれ襲名する。平成十一年に二代目が没すると、翌十二年に東京都無形文化財保持者に認定される。現在は、板橋区を拠点に「郷土芸能伝承館」での説経節の会にて、説経節の伝承に努めている。

三芳町文化会館(コピスみよし)

▲ PAGE TOP