プログラムインフォメーション|三芳町文化会館(コピスみよし)

コピスとはCoppice(雑木林)の意味です。

HOME三芳町文化会館(コピスみよし)プログラムインフォメーション > ロビーコンサート2017 in イムス三芳総合病院

プログラムインフォメーション

入場無料

ロビーコンサート2017 in イムス三芳総合病院

2つのハープが奏でる癒しの響き

日本を代表する名門楽団、東京フィルハーモニー交響楽団ハープ奏者の宮原真弓さんと、第23回日本ハープコンクールプロフェッショナル部門で優勝した佐藤理絵子さんによる、2台のハープの豪華な協演です。
ハープが奏でる音色が、やさしく心を癒やしてくれることでしょう。


公演概要

日時
2017年6月17日(土) 開場/13:30 開演/14:00
会場
イムス三芳総合病院 1階ホスピタルモール
埼玉県入間郡三芳町大字藤久保974-3
出演
宮原真弓(ハープ)
佐藤理絵子(ハープ)
曲目
F.メンデルスゾーン:歌の翼に
J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
C.サルツェード:ルンバ・タンゴ・夜の歌
C.ドビュッシー:月の光
ほか
鑑賞方法
事前予約の必要はありません。当日会場に直接お越しください。

【お願い】
終演後、ご鑑賞いただいた皆様にお気持ち(1,000円以内)をいただければ幸いです。
いただきましたお気持ちの一部は、三芳町社会福祉協議会を通じて地域活動支援に寄付させていただきます。
お問合せ
コピスみよし(三芳町文化会館)
TEL:049-259-3211(窓口受付時間9:00〜21:30/月曜休館/月曜が祝日の場合は翌火曜休館)
注意事項
※やむを得ない事情により内容が変更されることがあります。
※写真撮影、ビデオ録画、録音は固くお断りいたします。
※全席自由席です。
主催
コピスみよし(三芳町文化会館)、三芳町教育委員会
企画制作
トールツリー(株式会社ケイミックスパブリックビジネス)
   
ロビーコンサートについて
当公演は、最高の芸術をより多くの皆様に気軽に親しんでいただけるよう、町のさまざまな開放スペースにて開催しているコンサートです。通常のコンサートではアーティストは舞台の上で演奏いたしますが、身近に音楽を感じていただけるよう、舞台は用意しておりません。目の前で繰り広げられる最高の音楽を、聴いて、見て、お楽しみください。

出演者プロフィール

宮原真弓

東京生まれ。東京フィルハーモニー交響楽団 ハープ奏者。桐朋学園大学卒業、同大学研究科修了。在学中にオランダ国際ハープウィークに参加・演奏。NHK-FM午後のリサイタル等に出演。現代音楽のグループ「アンサンブル・ムジカ・プラクティカ」のメンバーとして10年間活動ののち、1989年に東京フィルハーモニー交響楽団に入団。1991年オーストリア・ウィーンに留学。ウィーン国立音楽院ハープクラスにてリサイタル開催。帰国後、東京フィルに復帰しモーツァルト「フルートとハープの為の協奏曲」を同団と共演。東京フィルハーモニー交響楽団での演奏に留まらずハープ室内楽「HARFEN ABEND」を企画するほか、近年ではケルティック・ハープの演奏も手がけている。ハープをヨセフ・モルナール氏、アーデルハイド・ミラー女史に師事。室内楽を三善晃氏に師事。
日本ハープ協会 理事。
日本演奏連盟会員。
フェリス女学院大学音楽学部講師。

佐藤理絵子

武蔵野音楽大学ハープ科卒業。第23回日本ハープコンクールプロフェッショナル部門優勝。モスクワ第1回The Harp 21Century国際コンクール2位入賞。ヤマハ音楽奨学支援制度を受給。オランダ、バンクーバーで開催された世界ハープ会議に出演。フランス、ヴィルクローズアカデミーにてマリー=クレール・ジャメ氏、イタリア、グランドーラにてジュディ・ライバー氏の指導を受ける。これまでにハープを稗島律子氏、菊池好志子氏、井上久美子氏、オーケストラスタディを柏原靖子に師事。現在ソロ、室内楽、オーケストラ、レコーディングなど様々な演奏活動を積極的に行っている。

三芳町文化会館(コピスみよし)

▲ PAGE TOP