公演・イベント情報 公演・イベント一覧へ

2021年2月7日(日) 主催公演

ジャズ×クラシック ほとばしる2台ピアノのキラメキ 三芳町町制施行50周年記念事業
松永貴志&中野翔太 スペシャル・ライブ in MIYOSHI

ジャズ×クラシック ほとばしる2台ピアノのキラメキ 三芳町町制施行50周年記念事業
松永貴志&中野翔太 スペシャル・ライブ in MIYOSHI

「報道ステーション」(テレビ朝日)「日曜報道 THE PRIME」「Live News It!」(フジテレビ)などのテーマ曲を作曲しているジャズピアニスト松永貴志。

小澤征爾&ウィーン・フィル、アシュケナージ&N響、デュトワ&N響などと共演を重ねるピアニスト中野翔太。

『題名のない音楽会』や『らららクラシック』などにたびたび出演している注目の若手2人による、2台ピアノ公演がここ三芳町でスペシャル・ライブとして実現します。

 

==三芳町だけの特別ライブ!!==

 

スペシャル① ジャズの醍醐味

メイン曲のガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルーは、アーティストの魅力が凝縮された特別バージョンです!

 

スペシャル② 曲目リクエスト

リクエスト曲目決定!! 

バッハ:G線上のアリア

 

ご応募ありがとうございました

 

 

スペシャル③ コピスみよしで初披露

三芳町で初披露のアレンジ

あの大ヒット曲

King Gnu「白日」

を演奏します。

 

しかも!

米津玄師「Lemon」も弾きます。

 

 

プログラム前半は、2人それぞれがソロ曲を弾きます。

 

スペシャルが詰まったコンサートです。

ご期待ください!!

 

 

 

 

チケット発売中

  • 公演概要
  • チケット情報
  • 出演者プロフィール
  • 予定プログラム
  • インタビュー
  • 公演概要

    公演日2021年2月7日(日)
    時間

    開場 13:15 / 開演 14:00 / 終演 16:00(予定)

    ※変更になる場合があります。

    料金

    一般 2,500円 / 学生、 障がい者割引 2,000円

     

    ※未就学児入場不可。※団体割引(10名様以上)

     車いす席、親子室、難聴システムのご用意がございます。

     詳細はご予約前にお問合せください。
    ※感染症対策として、販売中でも座席数を制限する場合があります。

     

     

    会場ホール
    主催コピスみよし(三芳町文化会館)、三芳町
    後援

    三芳町教育委員会、FM NACK5

    企画制作

    企画制作:トールツリー(株式会社ケイミックスパブリックビジネス)

  • チケット情報

    チケット発売日

    2020年11月29日(日)10:00~

    ※発売日初日はコピスみよし電話予約とオンラインチケットサービスのみ。

     

    ライブ配信チケットは、11月29日(日)10:00~ チケットぴあで発売。

     

    料金

    一般 2,500円 / 学生、 障がい者割引 2,000円

     

    ※未就学児入場不可。※団体割引(10名様以上)

     車いす席、親子室、難聴システムのご用意がございます。

     詳細はご予約前にお問合せください。
    ※感染症対策として、販売中でも座席数を制限する場合があります。

     

     

    チケット取り扱い

    コピスみよし 049-259-3211

     

    コピスみよし オンラインチケットサービス

    https://ticket.kxdfs.co.jp/miyoshi-culture-s/showList

     

    チケットぴあ 0570-02-9999

    Pコード(ホールでの公演)188-982

     

    ライブ配信:チケットぴあ(アーカイブ配信2/7~2/21)

    https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2027963&rlsCd=001

    Pコード(ライブ配信)781-337

  • 出演者プロフィール

    松永貴志(作曲家/ピアニスト)
    松永貴志(作曲家/ピアニスト)

    1986年、兵庫県生まれ。
    17歳でメジャー・デビュー。 ハービー・ハンコックとの共演をきっかけに世界のミュージシャンから喝采を集める。
    全米ヨーロッパ、アジア各国で「STORM ZONE」発表。
    NYブルーノート・レーベル80年の歴史上、ジャズの帝王マイルス・デイビスの記録を塗り替え最年少リーダー録音記録を樹立。 第14回「出光音楽賞」受賞。
    テレビ朝日「報道ステーション」フジテレビ「スーパーニュース」「新報道2001」など数々のTV番組オープニング曲やCM曲を手掛ける。
    2013年、パリのルーヴル美術館で開催されたヨーロッパ最大のアート式典であるSNBA授賞式典に招待され演奏。
    2015年、ポーランドManggha Muzeum設立20周年式典に招待されポーランド大統領の前で演奏。また、博物館のテーマ曲を作曲。
    2017年、世界10カ国ツアーを開催。
    抜群のリズム感と圧倒的なピアニズムは世界中から高い評価を得ている。

     

    松永貴志 オフィシャルサイト

    中野翔太(ピアニスト)
    中野翔太(ピアニスト)

    茨城県つくば市生まれ。江戸弘子に師事し、1999年からジュリアード音楽院プレ・カレッジに留学。その後、同音楽院に進み、ピアノをヨヘヴェト・カプリンスキーに、室内楽をイツァーク・パールマンに師事、2009年に同大学院を卒業。
    これまでに明治安田生命クオリティオブライフ文化財団、財団法人江副育英会の助成やソニー・フェローシップ・グラントを受けている。1996年第50回全日本学生音楽コンクール小学生の部で全国1位および野村賞受賞。
    これまでにシャルル・デュトワ指揮/NHK交響楽団、小林研一郎指揮/読売日本交響楽団、小澤征爾指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団等と多数共演。リサイタルでは、第20回<東京の夏>音楽祭、東京オペラシティ主催「B→C」、トッパンホール、紀尾井ホール、東京文化会館小ホールなどで意欲的に行っている。最近では、ジャズの松永貴志と即興も交えた2台ピアノ、そのほか3台ピアノやヴァイオリンとの室内楽等でも各地で好評を得ている。
    CDは、オクタヴィア・レコードより「シューマンピアノ曲集」「ガーシュウィンピアノ曲集」「ラ・ヴァルス~ラヴェル&コリリアーノ:ピアノ作品集」の3枚をリリース。いずれもレコード芸術誌の特選盤、”ガーシュウィン”はあわせて優秀録音盤に選出されている。2014年、ウラディーミル・アシュケナージ指揮/NHK交響楽団との共演は、豊かな表現力と透明感のある響きで好評を得た。クラシックを基盤に、作曲、編曲、ジャズ演奏など音楽活動の幅を広げている。第15回出光音楽賞受賞。

     

    公式YouTubeチャンネル https://www.japanarts.co.jp/artist/ShotaNAKANO

     

    写真クレジット:Yuuji

  • 予定プログラム

    【前半】ソロ曲
    *中野翔太ソロ
    ・グラナドス: 12のスペイン舞曲 Op.37より 第5番「アンダルーサ」
    ・ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ 第14番 「月光」Op.27-2 嬰ハ短調

     

    *松永貴志ソロ
    ・コール・ポーター:ナイト&デイ
    ・松永貴志:神戸
    ・デューク・エリントン:キャラバン

    【後半】2台ピアノ
    ・米津玄師:LEMON
    ・King Gnu「白日」(コピスみよし公演が初披露)

    ・バッハ:G線上のアリア

    ・ピアソラ:リベルタンゴ
    ・ガーシュウィン:I got Rhythm
    ・ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー

     

  • インタビュー

    【特別企画】松永貴志さん、中野翔太さんへのインタビュー

    コピスみよしが松永さん、中野さんにメールインタビューを行いました。

     

    Q「コピスみよしの印象をおしえてください」

    松永貴志:お客様との距離感が程よいホールのため細やかな動きや音も伝えることができると思います。
    演奏するのがとても楽しみです。

     

    中野翔太:コピスみよしはCD「マンハッタン〜中野翔太プレイズ・ガーシュウィン〜」*を収録した際使わせていただきました。響きが美しく、演奏していた気持ちの良いホールですね。コンサートでは今回初めてなので楽しみです**。

    *2012年1月にコピスみよしのホールにて収録。スタインウェイD-274使用。

    **メインのコンサートでは初。2016年1月に伴奏者として出演。

     

    Q「今回のプログラムの聴きどころは」

    松永貴志:クラシックからジャズ、ポップスまで幅広い曲をアレンジして弾いていきます。1台のピアノでは表現できない2台ピアノの魅力をたっぷりと繊細な部分から壮大さまで様々な側面を奏でれたらと思います。

     

    中野翔太:松永くんとの演奏はいつもエキサイティングです。舞台上でどんなやり取りが繰り広げられるか、一期一会の演奏を楽しんでいただきたいと思います。クラシック、ジャズ、タンゴからポップスまで、様々なジャンルの曲を2人で演奏しますので、ぜひジャンルに囚われず”音楽”に浸ってください。

     

    Q King Gnuの「白日」のアレンジにあたってのポイント

    松永貴志:原曲とはまた別の世界観でピアノのみのアレンジverをお楽しみください。

     

    Q 新型コロナウィルスコの影響で、多くの演奏会がキャンセルになったと思います。聴衆に直接音楽を届けられないということは、音楽家にとって大変もどかしいことだと思います。松永さん・中野さん自身、YouTubeなどで聴衆に音楽を発信されています。このような時期を過ごしていることは、音楽家の松永さん・中野さんにとって、ご自身の音楽にどのような影響を与えましたか?

    松永貴志:音楽家も含めて多くの方々が苦しい時期だと思います。
    ただ今はコロナの収束を願うばかりです。

     

    中野翔太:外出自粛の期間中はもどかしい日々でしたが、なんとか音楽を届けたいと思いYouTubeチャンネルを立ち上げました。しかし、やはり生で聴く音楽には敵わないですね。音楽というのは勿論一人で楽しむこともできますが、人と共有することで更に深みの増すものでもあると思います。そして、録音した音楽も素晴らしいですが、同じ空気を通じて直接届く音ほど躍動感のある、美しいものは無いと思います。自分の発する音が空気を通して広がっていくことをより意識するようになった気がします。

     

    Q このような期間で、聴衆から「自分の音楽を求められている」「音楽を生で聴きたい」感じることはありますか?それはどんなときですか?

    松永貴志:沢山の方から励ましや演奏を聴きたいというお言葉をいただきました。
    今、現状ではツアーなども組むことができずまだ再開の見通しがないので申し訳ないです。

     

    中野翔太:外出自粛中にYouTubeチャンネルにて演奏を配信したところ、その音楽に勇気づけられたとおっしゃっていただいたことがあり嬉しく思いました。どんな形であれ、一人でもそう感じていただけたなら、それは音楽家にとって本当にありがたいことです。

     

    Q 演奏前・演奏中に心掛けていること、演奏後に考えること、を伺ってみたいです。(お客様からの事前アンケートにお答えいただきました!)

    松永貴志:演奏前はどのように表現をするかを考えており、演奏中は曲に集中しています。演奏後は次に演奏する曲のことを考えております。

     

    中野翔太:演奏前は呼吸を整えることを意識しています。演奏中は常に音楽、曲の流れに身を委ねている感覚です。演奏後は自分の演奏が走馬灯のように思い浮かび、ここはこうした方が良かったかな、など一頻り考えます。


    Q ご自身作曲の「神戸」を演奏されますが、この曲はどういう経緯で
     作曲されたのですか?作曲されるときは、どのように音をつむいでいくのですか?

    松永貴志:阪神淡路大震災の後、力強く蘇った神戸の夜景をイメージして作りました。メロディーやコード進行はいつも同時に思いつきます。
    神戸に対する想いをあとは感じるままに曲にしています。

     

    Q ベートーヴェンの月光ソナタの魅力について教えてください。

    中野翔太:「月光」はベートーヴェンの3大ソナタの一つでもある名曲ですが、実は「月光」という

    タイトルはベートーヴェンが名付けたのではなく、もともと「幻想曲風ソナタ」と名付けられていました。淡々と進む第一楽章など当時としても斬新な曲風で、常に新しい試みにチャレンジしていたベートーヴェンの作曲家としての情熱にも思いを馳せながら聴いていただきたいと思います。

     

    Q 編曲するときに意識していることは何ですか?

    中野翔太:編曲する時には、原曲の作風を壊さないように気を付ける場合、割と崩す場合など、どのような完成形にしたいのか、ある程度イメージを固めて行うのですが、途中で変えたくなったら気の向くままに脱線したり、割と自由に試しながら徐々に進めていくようにしています。

     

    (インタビュー協力:株式会社ジャパン・アーツ)

お問い合わせ

コピスみよし(三芳町文化会館)

TEL:049-259-3211

備考

企画制作:トールツリー(株式会社ケイミックスパブリックビジネス)

コピスみよし(三芳町文化会館)

 〒354-0041 
埼玉県入間郡三芳町大字藤久保1100番地1
交通アクセス
 TEL.049-259-3211 
FAX.049-259-3244

お問い合わせ