プログラムインフォメーション|三芳町文化会館(コピスみよし)

コピスとはCoppice(雑木林)の意味です。

HOME三芳町文化会館(コピスみよし)プログラムインフォメーション > 小野リサ 30th アニバーサリーツアー

プログラムインフォメーション

完売御礼

Afternoon LIVE
小野リサ 30th アニバーサリーツアー 〜旅 そして ふるさと〜

ブラジルの風を感じる
心地よい午後のひとときを。

その清涼感あふれる歌声で人々を魅了し、今年デビュー30周年を迎えるボサノヴァの第一人者・小野リサ。
本公演では、三芳町出身ベーシスト・織原良次が参加、心地よいボサノヴァが郷愁の世界へ誘います。

【コピスマルシェも同時開催!】16:00〜19:00
三芳町の名産ばかりを集めた市場をロビーで開催!おみやげにいかがですか?

協働のまちづくりネットワーク:みよし野菜
江戸屋弘東園:いも菓子、地酒
三芳町茶業研究会:四軒茶屋のお茶
パン工房 KUU:国産小麦と自家製天然酵母のパン
三富今昔村:里山珈琲、石坂ファーム産スイーツ

公演概要

日時
2018年9月22日(土) 開場/16:30 開演/17:00
会場
コピスみよし(三芳町文化会館)ホール
曲目
イパネマの娘
ソー・ダンソ・サンバ
ワン・ノート・サンバ
いい日旅立ち
旅の宿

※プログラムは変更になる場合がございます。
料金
チケットは完売いたしました
【一般】
・三芳町、富士見市、ふじみ野市に在住・在勤・在学の方:3,500円
・上記以外の方:4,000円
【高校生以下】
2,500円
発売日
2018年6月2日(土)10:00〜
※発売初日はコピスみよし電話予約のみ受付。
(コピスみよし窓口・チケットぴあは6月3日(日)10:00〜)
出演
小野リサ
織原良次(フレットレスベース)、奥山勝(ピアノ)、山口新語(ドラム)
お問合せ・電話予約
コピスみよし(三芳町文化会館)
TEL:049-259-3211 (窓口受付時間9:00〜21:30 休館日:月曜日)
プレイガイド
コピスみよし(三芳町文化会館) 049-259-3211 *オンラインチケットはこちら
チケットショップファミリー(ダイエー三芳店内) 049-259-9587
チケットぴあ(Pコード:117-449) 0570-02-9999 http://t.pia.jp/
注意事項
※未就学児童はご入場いただけません。
※障がい者割引、団体割引(10 名様以上)、車いす席、親子室、難聴システムのご用意がございます。詳細はお問合せください。
※やむを得ない事情により出演者、演奏曲目などが変更されることがあります。
※ご予約後のキャンセル、チケット代金の払い戻しは承れません(公演中止の場合を除く)。
主催
コピスみよし(三芳町文化会館)、三芳町教育委員会
企画制作
トップシーン、トールツリー(株式会社ケイミックスパブリックビジネス)

出演者プロフィール

小野リサ Lisa Ono

ブラジル・サンパウロ生まれ。10 歳までの幼少時代をブラジルで過ごし、15 歳からギターを弾きながら歌い始める。 1989 年デビュー。ナチュラルな歌声、リズミカルなギター、チャーミングな笑顔で瞬く間にボサノヴァを日本中に広める。
ボサノヴァの神様アントニオ・カルロス・ジョビンや、ジャズ・サンバの巨匠 ジョアン・ドナートら著名なアーティストとの共演や、ニューヨークやブラジル、アジア各国での公演も積極的に行っており、海外においても高い評価を得ている。
1999 年アルバム「ドリーム」が20 万枚を越えるヒットを記録するなど、これまでに日本ゴールドディスク大賞「ジャズ部門」を4 度受賞。2013 年にはブラジル政府よりリオ・ブランコ国家勲章を授与される等、日本におけるボサノヴァの第一人者としてその地位を不動のものとしている。2018 年3 月、デビュー30 周年を記念してアルバム「旅 そして ふるさと」をリリース。

織原良次 Ryoji Orihara

1980年生まれ。埼玉県入間郡三芳町出身。大学時代からフレットレスベースに専念。高田馬場Jazz Spot Intro土曜恒例12時間ジャムセッションのホストベーシストを15年務めた。世界的にも数少ない専業フレットレスベース奏者として活動。全国でのベースソロライブツアーも恒例としている。佐山雅弘ニュートリオB'Ridge音楽監督。2017年、自身のレーベル〈miD〉を主宰し『miD』『透明な家具』『織原良次の色彩感覚』の音源発表、ライヴ活動などを計画している。

奥山 勝 Masaru Okuyama

5歳よりピアノを始め、1991 年より演奏活動を開始。YOSHIRO&東京サルサボール(SalsaBand) に参加、過去3 回にわたりUSA ツアーを行う。1997年から1999 年まで「ブエナビスタ・ソシアルクラブ」の女性歌手、オマーラ・ポルトゥオンドの日本公演のメンバーを務める。2018年3 月のオマーラのブルーノート東京公演にてピアニストを務める。1998 年にはキューバの音楽祭「キューバ・ボレロ・フェスティバル」に出演。その他、作・編曲、様々なセッションへの参加など、ジャンルを問わず幅広い活動を行っている。

山口新語 Shingo Yamaguchi

1972 年横浜市出身。自己のバンドの他、akiko(vo)、コシミハル(vo)、Sophie Milman(vo)、Tokyo Bigband 等のサポートをはじめ、ジャズ、ラテン、ポップス等様々なシーンでの演奏活動を行っている。2010 年からは社交ダンスのためのリズムレクチャーも行い、日本のチャンピオンクラスから絶大な支持をされている。ダンス専門誌「ダンスタイム」でメインコンテンツの” リズムマジック”を監修。音楽指導者としても全国各地でレクチャー等を行なっている。

三芳町文化会館(コピスみよし)

▲ PAGE TOP